現在の医学でAGA対策をする場合、治療方法

現在の医学でAGA対策をする場合、治療方法は大きく分けて2つあります。塗り薬や内服薬といった一般的な方式と、髪の根元にじかに有効成分を注射する多少外科的なやりかたです。いずれにせよ効果のある方法ですが、実際のところ各々の症状や経過年数などによっても治療法は異なり、他人に効くからといって自分に効くわけではありません。
従って最適な処置は何なのかを病院で判断してもらった上で更なる治療段階に進むのがAGA治療としては理想的です。
いまのところ男性型脱毛症に有効とわかっている物質は、以前から知名度の高いミノキシジルとフィナステリドといったところでしょう。
フィナステリドを含む薬は複数出ていますが、製品名プロペシアとして売られており、最近はジェネリックも出ています。
また、ロゲインで一斉を風靡したミノキシジルを含む製品は薬事法で第1類医薬品に分類されており、薬剤師のいる店であれば買うことができるのですが、フィナステリド含有のプロペシアは処方箋がないと販売してもらえない薬です。
スイッチOTCとして販売される予定もありません。男性型脱毛症(AGA)の治療薬で有名なものにプロペシアが挙げられます。
症状のある方全員にお勧めできるものではないのですが、相性が良ければ薄毛や抜け毛の症状の抑制に時間はかかりますが確実に役に立ってくれるでしょう。
しかしながら副作用の可能性もゼロではなく、性的な機能不全や深刻なものでは肝機能障害が生じた例もあるわけですし、医師の指導を受けながら注意深く服用する必要があります。最近は平熱が低い人が多いのですが、そうした人は代謝が弱まっていることを念頭に置いて治療した方が良いでしょう。
血行改善はAGA治療の第一歩とも言われている位ですから、体の代謝機能を上げるよう努めるのは抜け毛や薄毛対策としては非常に有効です。
あまり冷たい飲み物や食べ物ばかりとらず、冷えの原因になるような薄着はやめて、野菜でいえばゴボウ、レンコン、ニンジンなどの根菜類をとったりするのもお勧めです。
また、シャワーばかりでなくしっかり入浴する機会を増やすことで体が冷えるのを防止できます。
薄毛や育毛に悩んでいる場合は、解消方法として育毛剤や育毛シャンプーが思い浮かびますよね。
アムラエッセンスの新しいやり方は新しい方法です。
今使っているシャンプーそのものに少量のアムラエッセンスを混ぜ合わせて、シャンプーを普通にするだけ。たったそれだけで、憂鬱だった抜け毛や薄毛が少しずつ悩みが薄れていくのです。つまり、育毛剤は不要ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です