ケラチンは、髪の毛を構成する主な成分のこ

ケラチンは、髪の毛を構成する主な成分のことです。
具体的にはケラチンというひとつの成分ではなく、18種類ものアミノ酸が結合してできたものです。ですから、良質なアミノ酸を摂取することが、育毛にとって重要になると言えるでしょう。
18種類のアミノ酸の一部は、ヒトの身体では生成できない必須アミノ酸も入っているので、生活の中で意識的に摂るようにすることが、育毛には大切なのです。
どのような食品に必須アミノ酸が多く含まれているかというと、大豆や乳製品が挙げられます。
現在、人気となっているのが女性専用の育毛剤「マイナチュレ」です。
有名な口コミサイトで、41週連続で頭皮ケア部門の上位にランクインした実績もあるのです。モニターで行う調査でも、抜け毛が少なくなった、毛が太くなった、ボリュームアップした等の感想で、なんと87.3%が満足しているという統計が出ています。育毛剤のBUBUKAはミノキシジルと同じレベルで育毛効果が実証されており、試された方のほとんどが育毛効果が得られています。
それにとどまらず、ミノキシジルと違って、副作用がないため、何の心配もなく使い続けることができます。
鉱物油とか合成ポリマー、パラベンのような添加物の使用もなく、効果の証明でもある医薬部外品認可を得られています。基本的に、育毛剤を使った場合はすぐに効果が現れるということはありません。
数ヶ月かかることも多く、1年以上使っている人もいます。
効果が現れるまでの時間は、髪が生えて抜けるまでの「ヘアサイクル」が問題になるからです。この周期の中にある退行期という髪の毛の成長が止まる期間が1ヶ月近くと、休止期という成長が止まった毛髪が抜けるまでの期間がおよそ3ヶ月あると言われており、いくら育毛剤で毛根を活発にしようとしても成長期が来ない限り発毛することはないため、時間がかかってしまうという訳です。何かというと発毛や育毛に効果的だという話が出ますが、この俗説の中には、科学的根拠に則っていない嘘が混ざっているので、騙されないようにしましょう。
代表的なもので言えば、ワカメの育毛効果でしょう。
昔からワカメは髪に良いと言われていましたが、実際は特に根拠がない迷信なのです。
海藻類にはヨウ素が豊富に含まれています。
ヨウ素は甲状腺ホルモンの原材料となるもので、血液の循環を促進させますから、確かに身体には良いのですが、とくに発毛や育毛を促進する作用はないのです。